井上真央が現在もパニック障害!?松本潤が語った真相とは?

井上真央といえば子役時代から実力派の女優として活躍し、松本潤と共演したドラマ「花より男子」でブレイクした後は、トップ女優の一人として君臨している人気者だ。

そんな彼女が実はある重い病気を抱えていることはご存じだろうか。信じられないことだが、井上真央がパニック障害を患っているというのだ。驚きのその詳細をお伝えしよう。

関連記事⇒井上真央と松本潤が結婚!?気になる噂の裏事情とは?


関連記事⇒井上真央がフリーメイソンの現役会員!?松本潤もビックリの真相とは?

スポンサーリンク

井上真央がパニック障害?

井上真央はドラマなどのイメージから、天真爛漫な性格を想像する方が多いだろう。しかし実際はプロ意識が非常に高く、何事にも妥協を許さない姿勢で仕事に臨むことで知られている。そんな姿勢が今の実力派としての地位を裏付けているのであろう。

そのようなプロ意識は非常に大きなストレスと常に共存しているという。それもそのはずだろう。子役時代から活躍しているといったって、若い彼女が何十人もの大人の前で意見し、立ち向かっていくことは相当しんどいはずなのだ。

そのような強大なストレスの積み重ねが、パニック障害の発症につながったと専門家は話す。ドラマや映画のロケの最中でも、突如として井上真央の顔が苦痛に歪むことがあるらしく、そのたびに撮影を中断しなければならなくなっているというのだ。

共演者の松本潤はこのことを心配して、全力でサポートに向かっているらしいのだが、それでも彼女がこの病気をしりぞけることは出来ていないのが現状だ。

現在、井上真央はパニック障害の薬を数年間に渡って飲み続けており、少しずつではあるが、病状は回復に向かっているという。強い薬なので副作用の心配もあるが、これに関しては耐えるしかないという判断をしているらしい。

人気者で周囲の期待も高かった彼女だけに心配になるところだが、今はただ病状の回復を願うばかりだ。今後の動向からもますます目が離せない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析 QLOOKアクセス解析